四季彩暦

写真で身近な自然と四季の移ろいを再発見 !

深秋 - 山内神社

深秋 - 山内神社

高知県高知市鷹匠町・山内神社東側参道
Canon EOS-7D + Canon EF28-135mm f/3.5-5.6 IS USM
ISO     200 
絞り優先   Av 7.1
露 出    0


12月中旬と言えば、一般には冬のイメージですが、高知ではやっと紅葉もピークを過ぎた頃。
朝夕の気温は下がって寒くても、日中陽射しが指し気温上がると、まだ、やっと秋冬って感じの日もあります。
街中の銀杏等の広葉樹はピークを過ぎ殆ど散っていますが、紅葉(モミジ)は近寄って見たら色もくすみ、葉も丸まって来て、明らかに枯れかけているのは判りますが、遠目で見るとまだそれなりに楽しめる場所もあります。
偶々立ち寄った山内神社の東側参道は、外からの眺めは然程綺麗さは感じられませんでしたが、一歩境内に入ると、時間帯と陽射しの差し込み様にもよりますが、ご覧のように木々のトンネルを赤く染めていました。

桜と同じで、日中のトップライトよりは、午前中か午後の射光の方が、見た目綺麗です。

高知も県境の山の方に行けば 、紅葉の名所はありますが、遠出をしなくても、数少ない市内で時期と時間帯を選べば、それなりに綺麗な紅葉を見る事が出来ます。

と言いながらも、本心は遠出をしたいのですがねー・・・・・(笑)
関連記事
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

 四季彩暦|秋・高知

0 Comments

Leave a comment