四季彩暦

写真で身近な自然と四季の移ろいを再発見 !

城ケ倉渓流

城ヶ倉渓流

青森県青森市荒川・十和田八幡平国立公園
撮影:1996.10.13
Canon T-90 + Canon 35-105mm Velvia(RVP)


この写真は、平成8年(1996年)に酸ヶ湯から城ヶ倉大橋までの約1.5kmの城ヶ倉渓谷を歩き、撮影した写真です。

【 注意 】
ただ、残念ながら平成12年(2000)10月に渓流歩道で男性の登山者が落石を受け死亡する事故が発生し、安全対策が成されていなかったとして行政に対する賠償訴訟に発展したため、その後は城ヶ倉渓流への立入りは禁止されています。
兎に角、立入禁止の場所には入ってはいけませんので、最初に書き記しておきます。




城ケ倉渓流は、十和田八幡平国立公園の一部になっていて、渓流は険しい地形で足元は悪く、沢水は酸ヶ湯から流れ出る強酸性(地獄沼でpH1)の温泉水が流れ込む場所です。

ここの魅力は、渓流美もさることながら、地質学的な面もあります。

第三紀中新世中頃(約1千万年前)の火山活動で形成された石英安山岩が、渓流沿いに柱状節理の岩壁を創りあげている事です。

暫く、撮り溜めた写真を使い、今では見ることが叶わない「城ヶ倉渓谷」の姿を、上流側から掲載して行きますので御覧ください。
関連記事
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

 十和田八幡平|城ヶ倉渓流

0 Comments

Leave a comment